採用情報

次世代育成支援

一般事業主行動計画

目的
子育てを行う労働者の雇用環境の整備や、労働条件の整備を計画・実施し、次世代育成支援の対策とする。
計画期間及び実施期間
2016年10月21日~2019年10月20日  3年間
目標・対策

■小学生未満の子を持つ社員を対象とする短時間勤務制度を導入する。

  1. ① 内容を制度化し育児・介護等に関する規則に盛り込む。
  2.    制度の検討・・・2016年12月末までに
  3.    文書化・・・・・・2017年 6月末までに

■妊娠中の社員への産休や育児休暇等の情報提供を充実させる。

  1. ① 総務に女性社員も含めた相談窓口を設置する。
  2. ② 相談窓口があることを掲示板や朝礼等で社員に周知する。

■残業時間の分析を実施し、長時間残業対象者を減らす。

  1. ① 未就学の子供を有する社員の所定外労働の免除等の配慮を行う。
  2. ② 職場毎に長時間対象者を抽出し、対象者の業務内容の見直しと工数の適性把握に努める。
  3. ③ 月間43時間未満にし、三六協定を順守する。
  4. ④ 産業医とも連帯し、健康面でのサポートを行う。

ページの先頭へ

HOME
新着情報
会社案内
製品情報
採用情報
関連会社
お問い合わせ
プライバシーポリシー
サイトマップ